【フローレンスガーデン・実例】海外暮らしが長い私を大満足させた家

憧れの輸入住宅を検討する方の中には、実際に海外に暮らし、その住まいの心地よさに魅了された方も少なくありません。日本に帰国した際、「本場のデザインをきちんと表現した家を建てたい」という希望を持つ方が、「フローレンスガーデン」には多く訪れるそうです。Tさんもそ…

【輸入住宅】欧米の暮らしにおける書斎・DENへの考え方

家づくりを計画する際、「書斎・DEN」を設けたいと考える方もおられることでしょう。書斎・DENは、特に男性には憧れの空間。“自分だけの時間をじっくりと愉しみたい”という思いは、ぜひこの機会に形にしてはいかがでしょう。しかし、輸入住宅を計画する際に気を付けた…

【輸入住宅】築年数が経っても欧米の住宅の価値が落ちない訳とは?

日本の住宅は、建てたその時が一番価値があり、築年数が増えるに伴い、価値は下がっていきます。やがて建物本体の資産価値はゼロになり、中古住宅として売却する場合、土地価格くらいしか評価されないのが一般的です。しかし欧米、特にアメリカの住まいでは、築年数による価値…

【輸入住宅・子ども部屋】欧米における子ども部屋に対する考え方

夫婦にとって子どもは宝物です。だから新しい家を建てるときは、子どもたちが喜ぶ部屋を用意してあげたいと思うもの。しかし、欧米では日本のそんな考え方とは少し違うようです。今回は、輸入住宅を検討するあなたに、欧米における子ども部屋とはどんなものなのかをお伝えした…

【輸入住宅・カバードポーチ】北米住宅に見るプラスαの豊かな空間

北米を舞台にした映画には、よく“カバードポーチ”のある家が登場します。カバードポーチとは、玄関ポーチに連なるように屋根を延ばした、屋根付きの半屋外空間のこと。家の前に設けられた屋根付きのデッキといえば、イメージしやすいかも知れません。今回は、このカバードポ…

【フローレンスガーデン】ナチュラルやモダン、輸入住宅までデザイン

家づくりには、いろんな大切な要素がありますが、中でも「デザイン」は、これから豊かに暮らし続けるために、しっかりと気を配るべきものです。“家づくりは顔づくりから”とも言われ、住まいの顔となる外観デザインはこだわりポイントの一つ。そしてそれに伴う形で、内観デザ…

【輸入住宅の基礎知識】キッチンおよび周辺空間の設計のしかた

輸入住宅の基礎知識として、今回は「キッチンおよび周辺空間の設計のしかた」をお届けします。米国の住宅のキッチンは、日常の家族の食事を用意する場所であるとともに、ゲストを招いた際のおもてなし料理(フォーマルな食事)を準備するところでもあります。よって、機能的な…

【輸入住宅・オープンプランニング】間取り計画に必要な北米住宅の思想

輸入住宅に憧れを抱く人の中には、海外の暮らしに見る「広々としたLDK」に魅力を感じる方が少なくありません。北米住宅には、「オープンプランニング」という設計思想があり、それが広々としたLDK、そして豊かな暮らしを生み出す要因となっています。今回は、このオープ…

ファミリールーム

【輸入住宅の基礎知識】日本とは違う海外のリビングルームへの考え方

欧米の住まいには、日本の家づくりとは違ったルールや考え方などがたくさん存在します。それらを知っておくことで、輸入住宅を設計・プランニングする際にとても役に立ちますし、可能な限り、本物の輸入住宅に近づけることができるのです。今回ご紹介するのは、「リビングルー…

工藤建設 フローレンスガーデン 地下室

【フローレンスガーデン】楽しみ方が広がる。失敗しない地下室の提案

限られた敷地条件を最大に生かし、広々とした住まいを実現したい。とは思うものの、それぞれの土地に建てられる建物の大きさは、建ぺい率や容積率というもので制限されています。さらに斜線規制により、屋根形状、つまり空間に限りが生まれてしまうこともあります。そこで解決…