【ヘーベルハウス】“誰もが住みやすい”をまるごとパック!「my DESSIN」

マイホームは、多くの方にとって一生に一度の買い物。そして毎日の暮らしのベースとなる大事なものです。だからこそ「失敗したくない」ものですが、家づくりのプロではない人が大満足の住まいを建てるのは、簡単ではありません。そこでご紹介したいのがヘーベルハウスの「my…

【日本ハウスHD】快適に暮らし、光熱費も低減できる最高等級7の家

これまでの日本の住まいの断熱の省エネ基準は、最高等級が4でした。しかし、国土交通省は2022年4月より等級5(ZEH基準)を、さらに戸建住宅のみ2022年10月より、等級6(省エネ基準比 エネルギー消費量▲30%)、等級7(省エネ基準比 エネルギー消費量▲…

【フラット35S(ZEH)】22年10月より、金利年0.5%引き下げ実施!

脱炭素社会の実現やエネルギー問題…。これからの時代は、これら諸問題に対応した住まいづくりが求められます。そこで注目されるのが、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。この年間一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指したZEHを建てる方に朗報…

【東京都・太陽光発電義務化】2025年、義務化へ。影響はどうなる?

以前、はじめて家を建てるでも、【太陽光発電義務化】東京都が条例制定へ。施主・メーカーへの影響は? という記事をご紹介していますが、いよいよ義務化が決定しそうです。東京都は、今年12月予定の都議会に必要な条例改正案を提出。2025年4月からの実施を目指します…

【東京都・助成金】「東京ゼロエミ住宅」の新築への助成制度

東京都では、都内のエネルギー消費量の約3割を占める家庭部門の省エネルギー対策として、省エネ性能の高い住宅の普及を後押ししています。令和元年度から「東京ゼロエミ住宅」を新築した建築主に対し、その費用の一部を助成する事業を行っており、令和4年度も実施する予定で…

【太陽光発電義務化】東京都が条例制定へ。施主・メーカーへの影響は?

「ゼロエミッション東京」の実現に向け、東京都は都内の新築一戸建て住宅の屋根に、太陽光発電設備の設置を義務付ける条例制定を目指すことが分かりました。今後、有識者検討会の議論を踏まえた中間まとめを4月頃に公表する方針だそうです。 太陽光発電の設置はわずか4.…

【日本ハウスHD】最高レベルの高断熱・高気密で脱炭素社会を実現

CO2を削減し、脱炭素社会を実現するためには、私たちの生活そのものを見つめ直す必要があります。そんな暮らしの中心となるのが“家”。日本ハウスホールディングス(以下、日本ハウスHD)は、今、求められている地球環境保全の取り組みやニーズに応えるため、いち早く脱…

三井ホーム・スーカス

スカイラナイのある家「Lucas(ルーカス)」/三井ホーム

都市における豊かな生活を応援する工夫により、新しい価値を生み出す、三井ホームの「スカイラナイのある家 Lucas(ルーカス)」。光あふれる「スカイルーム」(2階リビング)や家事の負担を軽減する「家事ラク」提案など、開放的で伸びやかな空間と多様なライフスタイ…

蔵のある家

「蔵のある家®」(高天井編)/ミサワホーム

たっぷり収納のある家で、すっきりとおしゃれに暮らしたい。前回、そんな思いをしっかりと応援してくれるミサワホームの大収納空間「蔵のある家®」をご紹介し、「収納について」のポイント&解説をいたしました。今回はその第二弾として、「高天井」についてお話ししたいと思…