【北欧住宅】温かみのある外観やインテリアなど、その特徴や間取りを知る

北欧住宅

スウェーデンやノルウェー、フィンランド、デンマークなどの国々からなる北ヨーロッパに建つ住まい。それが北欧住宅と呼ばれるものです。日本では厳しい冬を迎える北海道で建てられ始め、いまでは全国に広がるなど、高い人気を誇る住まいです。今回は、そんな北欧住宅の特徴や外観・インテリア、そして間取りなどについて学んでいきたいと思います。


素材を大切にし、色も楽しむ。素朴でナチュラルな雰囲気に包まれる家

北欧住宅

北欧地域と聞くと、「とても寒くて長い冬」というイメージがあるかも知れません。冬期は11月~3月で、気温はマイナス10℃くらいまで下がり、太陽が一日も昇らない極夜もあります。当然のように、人々は家の中にこもることが多くなります。

春(4~5月)と秋(9~10月)の気温は日本の初冬くらい。夏(6~8月)は9℃~12℃ほどに上昇し、日も長く、比較的過ごしやすい日々が続きます。その間には一日中、陽が落ちない白夜もあります。北欧の人たちは、この短い夏を思い切り楽しむのです。豊かな自然を満喫し、公園や庭でBBQをするなど、とても活動的に過ごします。

こういった暮らしですから、北欧住宅は以下のような特徴を持っています。

厳しい冬でも快適に暮らせる高気密・高断熱住宅

スウェーデンハウスの木製サッシ
日本のハウスメーカーでは、スウェーデンハウスが「木製サッシ3層ガラス窓」を標準装備しています。

壁は厚く、断熱材がしっかりと充填され、窓にはトリプルガラスを採用するなど、外気温の影響を受けにくい工夫がなされています。北欧住宅の住宅性能は高く、極寒の真冬でも部屋の中はぽかぽか。Tシャツで過ごせるくらい快適なのです。

外観は大屋根が特徴。素材感のある外壁にカラーも楽しむ

北欧住宅

外観デザインは、大きな三角屋根が特徴です。屋根材には、「洋瓦」や複数の色を焼き付けた洋瓦の「混ぜ葺き瓦」、アスファルトを原料とした「シングル材」を用いることが一般的です。外壁には、素材感のある自然石や木材(ラップサイディング)などを使用しています。

北欧住宅 ファールン・レッド

ラップサイディングの場合、色は「ファールン・レッド」と呼ばれるベンガラ色(えび茶色)が伝統的なスタイルで、これは木材の耐久性を増すために酸化鉄を塗料に混ぜて使用したことから、1800年代から主流となったようです。もちろん現在ではベンガラ色に捉われず、ブルーやグレー、イエローなどと言ったカラフルな色を採用したり、ツートンカラーにする家もあります。

窓には木製の窓枠を採用。木は鉄やアルミよりも熱伝導率が低いため、外気の影響を最も受けやすい開口部に最適な材料です。窓枠を白にすると外観デザインがより映えます。

また、少ない日照をより効果的に室内に採り入れるため、「ドーマー」という屋根の上に垂直に設けられた窓を作ることもあります。外観のアクセントにもなり、これもとても人気の高いスタイルです。

ナチュラルな雰囲気が感じられるインテリア

スウェーデンハウス 北欧スタイルのリビング
北欧スタイルのインテリア/スウェーデンハウス

内装は、パイン材などの無垢の木をふんだんに使用することが多く、その豊かな香り、やさしい雰囲気などは、長い間、家の中で過ごすことが多い北欧の人々の心地よさを応援するものです。木は月日が経つほどに飴色になり、愛着が増していきます。

北欧住宅では、暖房に暖炉や薪ストーブを用いることが多く、柔らかなぬくもりに包まれながら、パチパチと木がはぜる音を聞き、炎を眺めるのも心豊かな暮らしの一部となっています。暖炉や薪ストーブを用いることで外観に煙突ができるのも、おしゃれさを醸し出す要因となります。

フィンランドなどでは個人宅でも必ずと言っていいほどサウナが完備されています。日本では一般的ではありませんし、ぜいたく品ですが、サウナがあれば美容・健康にいい影響を与えてくれるかも知れません。

豊かな自然を生活に取り込む工夫

短い夏を謳歌するために、庭でBBQをすることも多いとお伝えしましたが、そんな自然と一体となった暮らしを楽しむのが北欧流。屋根のあるアウトドアリビングを設けるなど、室内と屋外の中間地点、ゆるやかにつながる場所を設けるのも、北欧住宅にはよく見られるスタイルです。

スウェーデンハウスのカタログ


北欧住宅の間取りの特徴やポイント、日本流へのアレンジの仕方

では最後に、北欧住宅の間取りについてお伝えしていきたいと思います。北欧住宅の一般的な間取りや生活空間に対する考え方をお伝えしつつ、日本人の暮らしに沿うアレンジの仕方・アイデアをお届けします。

開放的な空間であること

スウェーデンハウス LDK
間仕切りのない開放的な空間/スウェーデンハウス

北欧住宅でも部屋を区分けしますが、特にリビングやダイニング、キッチンなどは一体化させることが多く、広々としています。間仕切りは、あくまでもスペースを分けるためのものであり、ライフスタイルの変化によって可変したり、維持・メンテナンスが楽になるように配慮されています。

部屋の中に収納はない

日本の住まいの場合、各部屋にクローゼットなどの収納部分を設けますが、北欧住宅ではそういうことはしません。収納はあくまでも「ひとつの空間」として、別途設けます。だから、「今は収納だけど、将来は書斎に活用する」ということが容易にできるのです。

玄関を入るとリビング・ダイニング空間が広がる

玄関との間に扉や目隠しのためのウォール(壁)が設けられているケースが多いのですが、北欧住宅は基本的に「廊下がない」ので、家の中に入るとすぐにダイニングやリビングが広がります。 家族とくつろぐダイニングやリビングは、日当たりのいい場所に配置します。これは日本でも同じですが、冬が長い北欧の暮らしでは必須。窓も大きく、景色を楽しめるように工夫されています。

日本の暮らしを考えたアレンジアイデア

日本の場合、隣家や道路が迫り、いつも窓を開放的にしておくことが難しい場合もあります。カーテンやブラインドなどでプライバシーを保護することになりますが、そうなるとせっかくこだわってつけたおしゃれな窓が楽しめなくなることにもなります。そこでおススメしたいのが「ブラインドインウィンドウ」。複層ガラスの間にブラインドが入っている窓です。これなら窓のデザインを楽しみながら、外からの視線を遮ることが可能となります。

玄関と室内の段差がない

意外と思われるかも知れませんが、ノルウェーやフィンランド、スウェーデンの人々は、家の中では靴を脱ぐ文化です。しかし、日本のような式台や上がり框はなく、フラット。マットを敷いたり、中と外の区別という意味で玄関部分はタイルにするなどで仕切ります。

日本の暮らしを考えたアレンジアイデア

北欧住宅の場合、中と外との区切りが曖昧なため、どうしても砂やホコリが室内に入りがち。それでも北欧スタイルに近づけたいなら、上がり框の段差を少々低くする方法があります。北欧スタイルと日本の家の中間的なデザインです。

個室はベッドが中心。くつろぎは家族とともにリビングで

個室はあまり広く取らず、ベッドが中心です。つまりそこは寝る場所。読書やくつろぎたければ個室でするのではなく、リビングで楽しむのです。家族とのつながりを何よりも大切にする北欧の人々らしい考え方ですね。

ファミリールーム
2階のファミリールーム/スウェーデンハウス

それを表すように、2階の個室をコンパクトにし、残った空間をファミリースペースとして第2のリビングを設けるプランもよく見かけられます。これなら1階にお客様をお招きしているときでも、家族がのんびりと過ごせます。

日本の暮らしを考えたアレンジアイデア
受験を控えるようになると、個室で勉強に集中させてあげたい。そう考える方は、1階のLDのすぐ近くに、スタディルームを設けるのはいかがでしょう。当然そこは収納としても、ミセスコーナーとしても、書斎としても活用できます。居室を固定するのではなくフレキシブルに使えるように考える。これが北欧スタイルのいいところです。


まとめ

いかがでしたか? 北欧住宅の特徴は、

  • 厳しい冬でもぽかぽか暖かい高気密・高断熱住宅
  • 大きな三角屋根に自然素材を用いた外壁
  • 個性あふれる鮮やかな外観カラー
  • 木をふんだんに用いたナチュラルな室内
  • 暖炉や薪ストーブも必需品
  • アウトドアリビングで自然と一体になった暮らしを謳歌
  • 北欧住宅の間取りはとても合理的・機能的

住まいはもちろん、生活スタイルも素朴ながら個性あふれるおしゃれさを感じさせてくれる北欧スタイル。ナチュラルな暮らしに憧れを抱く方は、検討してみてはいかがでしょう。

スウェーデンハウスのカタログ