【次世代住宅ポイント制度】増税に伴う住宅取得支援策を詳しく知ろう

今年10月に予定されている消費税率10%への引き上げ。高い買い物である住宅取得にとっては、大きな影響を受けることとなるでしょう。そこで政府は住宅取得を支援するために、「住宅ローン減税の拡充」「すまい給付金の拡充」「次世代住宅ポイント制度の創設」「贈与税非課税枠の拡大」を打ち出しました。これらについては、「【消費税10%】消費税引き上げ後にメリットが出る住宅取得支援策」に示していますが、今回は、「次世代住宅ポイント制度の創設」にスポットを当て、より詳しく解説したいと思います
また、「はじめて家を建てる」を見られている方々は注文住宅を希望されていると思いますので、ここでは、リフォームや分譲住宅に関しては省略したいと思います。


制度の概要

次世代住宅ポイント制度は、消費税率10%で一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、 さまざま商品等と交換可能なポイントを発行する制度です。


対象となる住宅

「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」に資する新築住宅が対象となります。 (※ここではリフォームや分譲住宅を省きます)


契約等の期間

2019年4月から2020年3月までの請負工事契約・着工をしたもの

ただし、消費税率8%となる2019年4月以前に請負工事契約をしたものであっても、2019年10月以降に着工するものについては、特例的に対象となりますので要注意です。


発行ポイント 一戸あたり最大35万ポイントが付与!

発行ポイント数は、下記のA+B+Cの合計で、1戸あたり上限は「35万ポイント」です。

A 標準ポイント

1〜4のいずれかに適合する場合、1 戸あたり30万ポイント

  1. エコ住宅(断熱等級4又は一次エネ等級4 を満たす住宅)
  2. 長持ち住宅(劣化対策等級3かつ維持管 理対策等級2等を満たす住宅)
  3. 耐震住宅(耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)
  4. バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等 級3を満たす住宅)

B 優良ポイント

1〜4のいずれかに適合する場合、1 戸あたり5万ポイント

  1. 認定長期優良住宅
  2. 低炭素認定住宅
  3. 性能向上計画認定住宅
  4. ZEH

C オプションポイント

ビルトイン食器洗機 1.8万ポイント
掃除しやすいレンジフード 0.9万ポイント
ビルトイン自動調理対応コンロ 1.2万ポイント
掃除しやすいトイレ 1.8万ポイント
浴室乾燥機 1.8万ポイント
宅配ボックス 1万ポイント
耐震性のない住宅の建替 15万ポイント

ポイントの交換申請は2019年10月頃からスタート!

発行されたポイントは、「省エネ・環境配慮に優れた商品」「健康関連商品」「子育て関連商品」「防災関連商品」「家事負担軽減に資する商品」「地域振興に資する商品」と交換が可能です。

商品については、「次世代住宅ポイント制度」のサイトを参照してください。申請方法も掲載されています。

ポイントの商品への交換申請は2019年10月頃から開始され、締め切りは2020年6月30日を予定しています。


「次世代住宅ポイント」ホームページ

国土交通省ホームページ https://www.jisedai-points.jp


まとめ

今回の消費税率引き上げに対しては、ご紹介した「次世代住宅ポイント制度」をはじめ、かなり手厚い支援策が用意されています。また、ポイント交換商品は家電やインテリア、日用雑貨のほか、食料品・飲料や福祉・介護用品、ベビーキッズ用品など、これからの暮らしを応援してくれるものが多数用意されていますので、申請忘れのないように、ぜひ有効活用してください。