【おうち時間】在宅勤務を快適に。おうち仕事がはかどる工夫5選

コロナ禍によって在宅勤務、リモートワークが推奨されるようになりました。でも、いきなり在宅勤務を言い渡されても、もともと自宅は仕事をするための場所ではないため、仕事を快適にこなすことに難しさを感じている方は少なくないようです。これから新しい家づくりをスタートさせるあなたには、ぜひ新しい生活様式に対応した間取りやアイデアを採り入れて欲しいもの。そこで今回は、「おうち時間 仕事編」として、家での仕事がより快適に、生産性がアップするアイデアをお届けします。


アイデアその1:仕事用のプライベート空間を用意する

テレワーク 書斎
【ダイワハウス】「家で働く」をサポートする、これからの住まい

仕事に集中したい方におススメなのは、やはり仕事用のプライベート空間を用意することです。防音性能を高めた施工をしておくと、「外に声が漏れなくて安心」「Web会議の音声が聞き取りやすい」「家族の生活音も気にならない」というメリットがあります。

鍵付きドアにしておくと、急にお子さまが部屋に入ってくることを防げますし、セキュリティに配慮することもできます。仕事専用部屋なら、大きな机やたっぷりの収納を用意することも可能です。仕事環境を家族と過ごす空間とのバランスを考えず、自分好みに変化させられるのもメリットです。


アイデアその2:仕事と家事・育児を両立させるセミオープンな空間を

テレワーク 書斎
【ダイワハウス】「家で働く」をサポートする、これからの住まい

リビングやダイニング、キッチンとつながるようにレイアウトしたセミオープンな空間を設けると、仕事と家事・育児の両立が効率的に行えます。仕事の空き時間を利用して、すぐに家事に取り掛かることができますし、窓や透明アクリル板などを使用した仕切りドアを設けておけば、子どもの様子も眺められて安心です。また、家族とちょっとした会話がしやすいのも、セミオープンタイプのメリットです。


アイデアその3:フリースペースを有効活用する

たとえば階段横のちょっとした空間や2階の廊下を利用してデスク、カウンターを設けると、シェアオフィスのような家族が気軽にいつでも利用できるワークスペースが完成します。

敷地にあまりゆとりがないという方でも、こういった空間の有効活用をすれば、ワークスペースが確保できます。ポイントは、生活動線上に設計すること。そうすることで家事も便利にこなせます。カウンターをアイロン台として使うなど、工夫次第で仕事と家事との効率化が図れます。


アイデアその4:ワークスペースからの眺望・リラックス空間を考慮する

仕事に集中していると疲れも出てきます。そんなとき、ふと美しい景色が眺められる窓や、外の空気が吸えるアウトドアリビング・ベランダなどが近くにあると心地よく息抜き、気分転換が図れます。植栽や観葉植物を用意しておくと、よりリラックスできそうです。


アイデアその5:トレーニングルームを設ける

ちょっと贅沢な提案ではありますが、在宅勤務になって「運動不足になって太った」と言う人は多いようです。通勤時間は体を動かす大事な時間でもありましたし、息抜きにもなっていたのですね。

自宅で身体を動かすことができる場所を設けておけば、リフレッシュしたり、運動不足の解消にもつながります。天候に左右されず、フィットネスジム代もかからず、毎日の習慣にできればより健康的に暮らせることでしょう。


まとめ

おうち仕事を快適に、生産性を高めるためには、

  • 仕事専用部屋を用意する
  • セミオープン空間で仕事と家事・育児を両立
  • フリースペースを有効活用
  • 息抜きタイムを応援する工夫を盛り込む
  • トレーニングルームを設ける

ワークスペースは、仕事をするだけでなく、趣味を楽しむ空間としても利用できます。「いまのところ在宅勤務の予定はない」という方でも、検討の余地は十分にあると思います。

なお、いわずもがなですが、通信環境を整えることは必須です。Wi-Fiの受信範囲はもちろん、有線LANを計画することなど、しっかりと確認・検討しましょう。

また、プリンターを設置するスペースの確保など、仕事をするうえで何が必要で、どこに置くのかを整理しておきましょう。この記事を参考に、快適な「我が家のオフィス」をぜひ実現してください。