【家づくりのギモン】やんちゃ盛りの子どもが伸び伸びと暮らせる家って?

ママの家づくり

はるさん:せっかくのマイホームだから、やんちゃ盛りの子どもも伸び伸びと暮らせる家にしたいと思っています。でも、土地もそんなに広いところを購入できそうにないので、庭やリビングをおもいきり広々とすることは難しそう。それでも子どもが元気に過ごせ、親も子もストレスなく暮らせる家づくりのコツが知りたいです!

編集部からのアドバイス:まだ小さなお子さまは、いつでも元気に遊びます。その有り余ったパワーを発散するかのように、家の中を走り回ったり、飛び跳ねたり。せっかくのマイホームですから、なんでもかんでも「静かにしなさい!」と言ってあげたくないですし、そもそも伸び伸びと暮らせない空間構成なら、子どもにとって「楽しくない家」になってしまうかも知れません。

そこで、はるさんが求めている「やんちゃ盛りの子どもも伸び伸びと暮らせる家のアイデア」「親も子もストレスなく暮らせるコツ」をお伝えしたいと思います。以下を参考にしてみてください。

第2のリビングとしてテラスを活用する

子育てテラス

庭を広く取れない場合、テラス空間を計画することをおススメします。テラスは設計によって軒で天井部分を覆うことも出来ますから、雨天でも利用が可能となります。敷地内ですから小さなお子さまも安心して遊ばせることができますし、BBQやプール、花火など、家族や友だちと遊びながら、楽しい思い出を重ねていくこともできます。

テラスを計画する場合は、リビングと連続性を持たせると空間がより広く感じられる効果があります。天気や季節の移り変わりを肌で感じることができるテラスは、子どもたちの成長にとてもいい影響を与えることでしょう。

リビング・ダイニング・キッチンを一体化させる

ダイニングキッチン

このLDKの一体化、連続性を持った間取りは、最近の家づくりでは一般的になっています。限られた敷地条件の中で、少しでも広々と、そして家族が集い、会話が弾む家に仕立てようと考えたときには、LDKを“ワンフロア”として捉え、なるべく壁でセパレートしない空間設計をおススメします。どうしてもセパレートしたい場合は、引き戸で可変させられるようにするなど、広く暮らせる工夫を施すといいでしょう。

回遊動線を考える

回遊動線

階段を中心に、どこからでも各居室に移動できる回遊動線を計画するのも一つのアイデアです。その動線は、子どもたちの格好の遊び場。ぐるぐると走り回り、元気に鬼ごっこをして楽しみます。ただし、「【キッチン】空間や動線、機能性を考えてキッチンの種類を選ぼう!」の記事内で示した「ペニンシュラ型キッチンレイアウトのデメリット」と同様に、死角が生まれて“ぶつかる”というケースも予測しておくことが大切です。安全性も十分に配慮しながら、子どもたちも暮らしていて楽しくなるプランニングを心がけてください。

【キッチン】空間や動線、機能性を考えてキッチンの種類を選ぼう!

吹き抜けを採用する

リビングやダイニングの天井部分を吹き抜けにすれば、2階の居室にいる家族の気配が感じられ、声もかけやすくなります。キッチンからいい匂いが漂い、「ごはんできたよ!」という言葉に急いでやってくる子どもたち。空間の伸びやかさはもちろん、1階と2階に分かれて過ごしていてもつながりが感じられるプランです。

角面を施す

角面とは、柱などの角を45度程度で面取りすることをいいます。柱が傷つかないようにしたり、人が触れたときに怪我をしないようにするためにするためのもので、「切り面」ともいいます。元気いっぱいの子どもたちの安全を考え、こういった配慮を施しておくことも大切です。

テラスであり、庭であり、通り道であり、居場所でもあるヘーベルハウス「のきのま」

いかがですか。これではるさんの疑問も解消できたのではないでしょうか。では、上記工夫ポイントの「テラスの活用」を形にした具体例を見てみましょう。へーベルハウスの「のきのまent」を参考にしながら解説していきます。

「のきのまent」は、玄関先を深い軒のある半屋外空間にした、新しい玄関スタイルを提案しています。日々の暮らしを豊かに彩るプライベートな使い方はもちろん、ご近所など街とのつながりを育むパブリックな使い方まで柔軟に応えてくれる、アイデアあふれる住まいです。

** のきのまに「ひらく」

ヘーベルハウスのきのま

「のきのま」とリビングとの間に大きな窓を設けることで、室内と屋外の一体感が生まれます。光や風といった自然の恵みを室内に取り込むことで心地よさを手にすることができ、視線の広がりが開放感と伸びやかさをもたらしてくれるのです。屋外でありながら室内であることの利点を生かしてクリスマスツリーを飾れば、家族はもちろん、道行く人々にも楽しみを届けることができます。

** のきのまで「かねる」

玄関先として来訪者はもちろんのこと、一時的に「荷物の置き場」やガーデニングを楽しむ「庭」にもなるなど、複数の役割を兼ねてくれるのが「のきのま」。テーブルをおいてご近所さんとお茶をしながらおしゃべりしたり、やんちゃさん、おてんばさんが汚した靴を一緒に洗って干しておく場所にしたり。お買い物の荷物運びは、大きな窓から子どもたちがお手伝いしてくれます。

** のきのまを「たのしむ」

夏の熱い陽射しや急な雨から守ってくれる深い軒の下は、さまざまな用途に使える自由空間です。うららかな春には日向ぼっこの場所として。夏はプールで大はしゃぎ。キャンプやサイクリングの準備をする場所にも最適です。学校から帰ってきたらランドセルを置いて、友だちと縄跳びをして遊ぶなど、楽しみ方は無限です。

ヘーベルハウスのカタログ

まとめ

子どもたちが伸び伸びと育ち、親も子もストレスなく楽しく暮らすためのコツは、以下の通りです。

  • テラスを活用する
  • LDKを一体化させる
  • 回遊動線を考える
  • 吹き抜けを採用する
  • 安全性にも配慮

ぜひこれらをはるさんも参考にしながら、親も子どもも楽しい素敵な暮らしを手にしてください。