【結露】結露しない新築一戸建てを手にするために知っておきたい常識

新築の結露

「うちの家は結露がひどくて…」と悩む方は少なくありません。「だから新しい家は、結露の無い家にしたい」と思うのは当然の成り行きです。ここでは、そんな未来の快適な暮らしを手にするためのヒントをお伝えしていきます。この記事を読めば、結露とサヨナラできます。ぜひ参考にしてください。

結露の原因・・・そもそも結露って、なんで起こるの?

結露とは、空気中に含まれている水蒸気が冷やされて、水に変化することで起こるもの。氷が入ったコップに水を入れると、コップの周りに水滴が付きますよね。あれが結露と言うわけです。 特に冬は、暖房で空気を温めます。温かい空気ほど水蒸気を多く含むことができるので、結露が発生しやすいのです。また、高温多湿な梅雨の時期も同じことが言えます。

室内と室外の温度差

特に顕著なのが窓ガラス。先ほどのコップの話しと同じことですね。温かく水蒸気を多く含んだ室内の空気が、窓ガラスを介して冷たい外気に触れることで「水」に変化するというわけです。

室内の温度差

人がたくさん集まるリビングで温まった空気が、寒い部屋へ流れ込み発生するというパターン。寝ようと思って寝室に行ったら、窓がべっしょり…。それはこの室内の温度差が原因かもしれません。

日常生活から発生する水蒸気

入浴や洗濯物の部屋干し、加湿器、ガスコンロ、炊飯器、さらには観葉植物などからも水蒸気は発生し、結露の原因にもなります。

結露の対策・・・大嫌いな結露を防ぐ、新築住宅の工夫と生活アイデア

サッシ(窓)

断熱性能の高いサッシと複層ガラス(ペアガラス)をセットで採用することで、窓まわりの結露はほぼ解消できます。 結露対策効果が高い順は、「木製サッシ」→「樹脂サッシ」→「アルミ樹脂複合サッシ」→「アルミサッシ」です。結露を防ぐには、室内の空気を室外の空気に触れさせないこと。つまり、熱伝導率が低いほど性能が高いのです。

熱伝導率(熱伝導)とは、簡単に言えば熱が高温から低温へ運ばれる現象のことです。たとえばアルミの板に火を近づけると、その裏側に手を置いているとすぐに熱くて触れなくなります。一方、それが木なら、温度が伝わってくる時間は遅いわけです。室内のあたたかく湿った空気がアルミサッシに接した場合、外気が内気よりも低ければ急速に熱伝導が行われ、結露が生まれます。しかし木製サッシならその速度が遅く、結露が起こりにくくなるのです。

24時間換気システム

平成15年から建築基準法で24時間換気システムの採用が義務付けられています。ですから新しく家を建てる場合、ハウスメーカー、工務店のどこに依頼しても必ず設置してくれます。

1時間で室内の50%の空気が入れ替わることが基準となる性能ですので、結露の心配もなくなるでしょう。

ただし、換気の方法には3種類あり、設置やメンテナンスコストも異なりますので、お住いの地域や環境に応じて住宅会社との綿密な打合せを行ってください。

湿気を必要以上に発生させない

たとえばお風呂。湯を張ったまま蓋を閉めずにいると、当然ながら湯気(湿気)が立ち込め、扉を開けるたびに室内に流れ込んでしまいます。また、加湿器の過度の利用、調理の際に鍋蓋を使用していないなどでも、室内の湿気は上昇します。暮らしの中で、ちょっと気をつけるだけでも、結露を抑えることにつながります。

適切な湿度

室内における快適な湿度は、40~60%とされています。40%以下になると、「乾燥しているな」と感じるそう。目や肌、喉が渇くだけでなく、インフルエンザウイルスが活発化するとも言われています。 逆に60%以上になると、ダニやカビの発生率が高まります。このような適切な湿度を意識すれば、結露の防止につながります。湿度計を目に付く場所に置いておくのもいいでしょう。

まとめ

  • 結露は、湿った空気が室内と室外の温度差によって生み出される。
  • 断熱性能の高いサッシと複層ガラス(ペアガラス)をセットで採用する。
  • 生活の仕方に気をつければ、結露を抑えることにつながる。
  • 適切な湿度を知る。

ないと思います。適切な湿度を知ることは、結露だけでなく、健康維持にも役立ちますので、ぜひ生活の仕方にも気をつけてみてください。