【ガレージ】ローン返済にガレージを役立てるという裏ワザ

ビルトインガレージ

※画像提供:Tagle住まい

家づくりを進める中で、ガレージの設置の検討は避けて通れないことの一つだと思います。ですが、「うちは免許を持っていないから」とか、「誰もクルマを必要としていない」、「今は必要性を感じない」など、頭から「ガレージは不要!」とお考えのご家族もおられることでしょう。

しかし、今は乗らなくても将来、何かライフスタイルや事情が変わって乗る可能性が生まれるかも知れません。その時、我が家に駐車場がないために、わざわざ他で借りて駐車場代を支払うなんてもったいない話です。

「でも、将来どうなるか分からないスペースを開けるのは…」。そうお考えになるのはごもっとも。では、少しアドバイスさせてください。ここでお得な提案を一つしたいと思います。それは、

ガレージを活用し、そこから収益を得る

ということ。簡単に言えば、ガレージさえあれば、「毎月、お小遣いが手に入る」のです。

そのお小遣いを趣味にあててもいいでしょう。家計の足しにローンの返済にプラスするのもいいかも知れません。いずれにしても、不要と思っていたガレージが、あなたの暮らしを豊かにしてくれるのです。

では、不要と思っていたガレージが収益を生み出すカラクリを解き明かしたいと思います。

ズバリ答えは「カーシェアリングの場所貸し」&「駐車場シェアリングサービス」。個人宅でもOK!

今、カーシェアリングが注目を集め、市場が急速に拡大しています。そんな中、カーシェアリングビジネスを展開する企業は、「どれだけ多くのクルマを提供できるか」「どれだけ利用者の身近な場所にクルマを置けるか」が勝負の分かれ目となっているのです。そこで彼らが目を付けたのが、個人宅の空き駐車場。そこにシェアリングするクルマを置くことで(クルマは企業が用意)、サービス拡充を図っているのです。

また、このサービスに加え、空き駐車場を貸し駐車場としてマッチングさせる「駐車場シェアリングサービス」も注目を集めています。個人宅も、空いた月極めも、1日から貸すことができるのです。

つまり、今は使用しなくてもガレージさえ作っておけば、毎月収益が得られるわけ。もちろん将来的にクルマが必要になれば解約もできます(契約規定は各社による)。1台分のスペースでも大丈夫ですから、これを活用しない手はないでしょう。

カーシェアリングサービス

タイムズ・カープラス

https://plus.timescar.jp/owner/

タイムズ・カープラスでは、先ほどもお伝えしたように車両は同社が用意。機械設置も不要で、設置費用は0(ゼロ)円です。車両整備や清掃、トラブルなどにも24時間・365日対応してくれますから、まさに自分は何もせず、「放っておくだけ」で毎月収益が手にできるのです。

オリックス・カーシェア

https://www.orix-carshare.com/corporate/land/

カレコ・カーシェアリングクラブ

https://www.careco.jp/service/owner/parking/

駐車場シェアリングサービス

B-Times

https://btimes.jp/lend/

軒先パーキング

https://parking.nokisaki.com/pages/about2

akippa

https://www.akippa.com/owner

まとめ

結婚し、まだお子様を授かっていない方は、「クルマなんて使わない」と思いがちですが、お子様が誕生し、成長するとともにクルマの必要性を痛感することになります。ですからガレージの検討は、家づくりにおいてとても重要なのです。 カーシェアリングのような活用法を知っておけば、検討時の大きなプラス材料になることでしょう。詳しい条件などは各社によって異なりますので、一度、調べ、ご家族と話し合ってはいかがですか。