ママの目線から生まれた、家族のための家づくり。/住友林業「ママト」

住友林業のママト

絆が深まり、自分や家族の時間がより豊かになっていく
幸せを生み出し、笑顔が広がる住まい「ママト」

ちょっとした会話が子どもたちの成長を感じさせてくれます。家事が手早く片付いて、今日も自分の時間が楽しめそうです。そんな何気ない幸せが溢れていて、家族が心からやすらげる住まい。それが住友林業の『mamato(ママト)』です。ママの目線から生まれたこの家は、家族の絆を深めることはもちろん、子どもたちの元気な成長、そして心のゆとりをもたらしてくれます。“Happy days with mama.”。それが「ママト」の合言葉です。

イメージ

家族の会話が自然と弾み、絆を育む「ダイニング発想」

家族が食事をともにするダイニング。でも、ダイニングを食べるだけの場所にしておくのはもったいない。家族が集う場所だからこそ、もっといろんな使い方ができる素敵なステージに仕立てよう。そんな新発想で、「ママト」はデザインされています。

従来のリビングを重視した家づくりから、ダイニングを中心とした暮らしに。大きめのダイニングテーブルを置くことで、食事はもちろん、宿題や勉強をする場所にも、趣味を楽しむ場にもなります。また、友人たちを招いてカフェタイム、おしゃべりに興じることもできるなど、多目的に使える心地いい空間になるのです。

住友林業のダイニング

「ママト」では、ダイニングが生活動線の交差点となるように、各部屋とのつながりを意識した間取り設計がなされます。そうすることで家族が日常的に顔を合わすことができ、コミュニケーションが自然と弾むというわけです。

ダイニング発想の中で、もう一つ大切なのがキッチンです。「ママト」では、ダイニングとつながるようにオープンタイプのキッチンをレイアウト。これは料理から手が離せない時でも、ダイニングにいる子どもたちに目が、声が届くようにするための工夫です。家族を見守れる見晴らしのよいキッチンは、どこからでもキッチンにいるママ、パパが見えるため、子どもたちも安心して伸び伸びと遊べます。

住友林業のダイニング

動きやすいと家事がはかどる。ゆとりの時間をつくる「家事をらくにする設計」

家事動線は快適な住まいづくりにおいて欠かせない大きな要素です。そこで「ママト」は、収納と動線にこだわりました。家事効率が上がると当然、体力的にも楽になりますし、気分的にもすっきりとします。それは自分の時間や家族との時間を増やすことにもつながります。
中でも洗濯動線は重要です。その点、「ママト」は、脱ぐ・洗う・干すの一連の流れが、ワンフローで済むように計画されています。脱衣所、洗濯機、物干しスペースを2階に一まとめ。階段の上り下りもなくなるため、家事にかかる負担を軽減してくれます。

その他にも「ママト」には、家事をらくにする設計が随所に見られます。たとえば2階との往復を減らす、1階の「サブクローゼット」。普段使いの上着やバッグ、アクセサリーを置くことで、お出かけの際にさっと支度ができるアイデアです。また、ダイニングのそばに、子ども専用の「目的別収納」をレイアウト。ダイニングテーブルで宿題をするときに教科書などが便利に取り出せます。また仕舞う習慣も身につくなど、教育上の効果も期待できます。

住友林業のクローゼット

自然素材に包まれた心地いい「ナチュライフ」

「ママト」では、家族が心地よく、健康的に暮らせるための提案も用意されています。たとえば床は、あたたかみと柔らかさが感じられる天然の木でつくられた「無垢床」を採用。また、四季によって異なる風・太陽・緑の効果を組み合わせ、一年中、心地よい住まいを生み出す設計思想のもとに家づくりがなされています。

無垢材のフローリング

家族に笑顔の花が咲く、「ママト」な暮らしを始めませんか?

***ダイニング直結階段で、いつも家族が感じられる住まいに***
出かけるときも、帰宅して部屋に戻るときも、いつも家族が集うダイニングを通る設計となっています。将来、子どもたちが多感な年頃を迎えても、自然と見守ることができます。

***意外と重宝する和室。「あってよかった!」の声が多数***
和室は現代の暮らし方にそぐわない。そう考える人も増えているようですが、実際に和室をつくった人の多くが、「あってよかった!」と答えられているようです。お昼寝スペースや客間として使用できる和室は、特に子育て時期の方には使い勝手のいい空間。また、日常の中で日本らしい四季の行事や礼儀を伝えていくにはうってつけの場所となります。

***帰宅してすぐに手洗い・うがいができる設計***
靴を脱いですぐの場所に洗面台を設置することで、すぐに手洗い・うがいができます。それらを習慣化させるのにも、この場所にレイアウトすることはとても重要です。ダイニングからも近いので、食後の歯磨きもここで。ママのお出かけ前の身だしなみチェックにも利用できます。

***洗濯物干しが、らくらくのバルコニー***
ランドリーからバルコニーへと動線が直結しているので、毎日の洗濯がスムースになります。バルコニーに大きな屋根がかかるように設計すれば、急な雨にも慌てずに済むでしょう。家族みんなのお手伝いもしやすくなると思います。

***子どもたちの成長に合わせて部屋を増やすという発想***
家族の共有スペースに間仕切り壁をつくることで、将来、子ども部屋に変更することも可能。未来を見据えた柔軟性の高い間取り提案も「ママト」の魅力です。

住友林業のカタログ